早くシャワー浴びて。時間ないし、私もすぐに浴びたいから

「早くシャワー浴びて。時間ないし、私もすぐに浴びたいから」

泊まって帰らない?って言ったのに?

行きつけのカラオケバーで出会った彼女は、僕より1歳上の看護師。

すぐに連絡先を交換し、1ヶ月後から付き合い始めました。

「私がいいって言うまで我慢して。ずっと一緒にいたいから、簡単には嫌なの」付き合い始めてすぐにそう言われ、そこまで思われているのかと感動しました。

半年後の事です。

「明日2人とも休みだから、泊まって帰らない?」遂にその日がやって来たのです。彼女が僕に全てを許してくれ、認めてくれる日が。

食事をした後ホテルに行き、結ばれました。幸せに浸り、ベッドに横になっていた僕。

「さ、早くシャワー浴びて。時間ないし、私も早く浴びたいから」余韻に浸る間も無く言われました。

「え?  泊まって帰るんじゃないの? 時間あるんじゃないの?」

「時間がないんだから!!」

急かされる様にホテルを出ました。

「今日はありがとう。じゃあね」そう言って、タクシーに乗り込んだ彼女。

半年の間、彼女を信じ我慢して付き合ってきた僕。結局は性欲を満たすだけの道具で、終わったらポイ捨てか…

彼女がそんな考えを持っていた風には見えなかっただけに、とても残念でなりませんでした。同時にそれが分からなかった自分が悔しく、自然に涙が出てきました。

その後は連絡もなく、会ってもいません。カラオケバーにも姿を見せなくなりました。

虚しいだけの半年間でしたが、今思えばいい勉強をさせてもらえたと思っています。

女性を見る目が少し鍛えられたので、そういう意味では彼女に感謝しています。

まるでやり捨て?と感じた彼。男側女側、さまざまな思いがあるでしょう。

しかしセックスしてからの態度の豹変。身体の相性が悪すぎたのかも…可能性は無きにしも非ずです。

おすすめの記事
置き去りのイラマチオ3Pセックス
オナニー用官能小説
置き去りのイラマチオ3Pセックス 三角関係の崩壊 セックスする時、彼は一体どんな顔で悦楽を享受するのだろう? 征治がそんな事を考えるようにな...
面影を追いかけて
オナニー用官能小説
面影を追いかけて 愛した男の影を求めて 江戸風情漂う温泉地。真は、恋人の千桜と一緒に訪れた。 『就職祝いに温泉に連れて行ってあげる』 そんな...
性感帯の分布図を描く女【Vo.3】
オナニー用官能小説
オンナの濡れ事秘話 連載官能小説  第一巻 性感帯の分布図を描く女【Vo.3】 第1話 / 第2話 性感帯の分布図を描く女【Vo.3】 くす...
オナニーで精液が目に直撃!
体験談のあれこれ
オナニーで精液が目に直撃! それは自分が中学生だった頃の出来事である。 その頃は自慰を覚えたばかりで毎日するのが楽しくてしょうがなかった。 ...