バツイチ年上イケメン営業部長!でもベッドでは…

舌使いのうまいトロけるキス

私の勤めている会社では、人気の営業部長がいました。

バツイチで中年。ダンディな雰囲気と上手そうなオーラ。トロけるような甘い雰囲気で、女を抱くんだろうなって考えていました。

彼のお眼鏡にかなったのか、私は個人的に何度も誘われ飲みに行っていました。いつも、その後のことを期待しながら…。

ある日、バーで飲んでいるとき下ネタですごく盛り上がり、成り行きでキス。

軽いキスは何度かしてたんですが、リードしてくるような優しいムラムラした感じのキスで、舌づかいも思わず声が漏れるほどキスだけで興奮してしまいました。

これはもしかして…。

ホテルに入ると靴を脱ぐ暇もなくねっとりなキスが、そして彼にしては珍しく余裕のない表情に…。キュンキュンしてしまいました。

愛撫される前にこんなにびちょびちょに濡れちゃうなんて恥ずかしいと思っていたら、手と一緒にどんどん言葉でも責められる。

最初はそこでも興奮してきたんですが、やっと私のに触れたとき、なんといきなり高速手マン。

流石にちょっと痛くて、しかもクリトリスを触っているつもりだろうけど、なぜか尿道口を執拗に責めている。

「気持ちいいだろ。こうされると、」なんて言われても場所違うなんて言えない雰囲気。

それでも手マンがエスカレードしていきます。「もう我慢しなくていいぞ、いっぱい出してごらん」なんて言われても、痛いだけでどんどん乾いてくる私にどんどん言葉で責めてくる彼。

おまけに潮吹きを無理やりさせようとまでしていました。

逝ったふりすれば終わるかなって思い、逝ったふりをすると「俺の手マンで逝かないやつは居ない」と自慢の言葉。

おちんちんを強請る様催促をされ、「お願いします。大きいおちんちんを下さい」と言うように強制。

いわれた通りに四つん這いになってせがむと、穴の場所が解っていない。なかなか入らず。

手で何回も確認してからやっと挿入成功。でも入ってくるのはSサイズのおちんちん。

そして、ピストンもまともにできずに早速フィニッシュ。おまけに早漏だったという残念な感じでした。この人とは二度とないなって思っています。

自分本位のセックスをする男

自分の興奮のままやりたいまま欲をぶつけて、行為をする男性が多いのが現実です。

経験を積めばセックススキルが上がるわけではなく、重要なことは相手に対する思いやりと相手をどれだけ見ているかという洞察力。

手マンをすれば感じると思い込んでいる男も多く、クリトリスが痛いと感じる女性がいることも知りません。

AVの受け売りでの行動ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です