ベランダから見られたオナニー

ベランダから見られたオナニー

ベランダから見られたオナニー

今から数年前の夏、仕事が休みだった私は目覚ましもセットせずにゆっくりと昼過ぎに起きました。

アラフォーになるのに珍しく私のJrが朝勃ちならぬ昼勃していました。そこで私はタブレットの電源を入れ、保存してあったエロ動画でオナニーしようと思ったのです。お昼からオナニーなんてまだまだ若いですね。

私は6畳のワンルームに布団を敷いて寝ています。その布団の上でダウンロードしてからまだ見ていなかった爆乳娘のエロ動画を見始めたのです。

「あんなオッパイ舐め回したいな~。せっかくだからデリヘルでも呼べばよかったかな?」などと思いながら、私はJrをしごいていました。

爆乳でパイズリされながら亀頭をチロチロ舐めてもらっているのを見てると、興奮してイッていまいました。

しかし私は最近しばらく精子を放出していなかったので、もう1回イケそうな気がしました。そして1本動画を見終えて、次の援助交際系の動画を見ながら再びJrをしごき始めたのです。

さすがに年のため1回目のようにビンビンにはなりません。

それでもどうしてももう1回放出したかったので、激しくしごいていたところで事件が起こったのです。

カーテンを全開にして全力でオナニーしていた様子を一人の男がベランダの上から見ていたのです。その男と目が合った私は、しばらく固まってしまいました。そしてなんとかごまかそうと俯せになり寝ているふりをしたのです。

その日はマンションの外壁工事の足場を組んでいたのです。

私はそんなこと全く知らなかったので、知らない男にオナニーをしている様子を見られる大失態を犯したのでした。

見られたのが女性なら、快感だったかもしれません。…が、男に見られても…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です