こんなに気持ちいい手マンなんてあるの!?

彼との出会いはとある職場でした。

私が2年目のときに入社してきた方でした。第一印象はかっこいい人だなくらいでした。

とある日、会社のバーベキューがあり、彼と意気投合し花火を一緒にやらないかという話になりました。

花火の日は花火をしてたわいのない話をするだけで終わりました。が、次の日から急に猛アタックされるようになりました。

私にはその気がなかったので軽くあしらっていましたが、食事くらいならいいかなと思い誘いにのることにしました。

この日もたわいのない会話で終わるかと思いましたが、いい雰囲気になってしまい私も酔っ払っていたいためホテルについていってしまいました。

ここからが衝撃でした。

部屋に入ってまず最初にされたキスがあまりにも気持ちよすぎて初めて腰を抜かしてしまいました。

何をどうされているかわからなくて立っているのにとにかく必死でした。

シャワーは別々で浴び、布団の中でどきどきしながら待っているとまたあの気持ちのいいキスの嵐がふってきました。

徐々に体に触れられ、でもその触りかたが本当に気持ちいポイントがわかっているかのようにそれだけでイッテしまうかと思うくらいの感覚でした。

元彼たちとしているときは演技が入っていることがほとんどでしたが、演技でもなんでもなく声が止まりませんでした。

事前にそんな話をしていたので感じてるフリなんかさせてやらないぞ、というばりに。だんだん手が下のほうにのびてきてその瞬間感じているものの反射神経的に避けてしまいました。

私は手マンされるのが大の苦手だったのです。

激しくされるとすごく痛くて、AV女優さんは何が気持ちいいのだろうと思っていたくらいです。

彼は大丈夫だからと、最初は優しく触れてきました。この時点で何かいつもと違う感じで今にも頭が真っ白になりそうでした。

そのうち指が入ってきたので、また痛いのだろうなと思っていたら気持ちのいいポイントをどストライクでポイントを攻められました。

初めてこんな気持ちのいい手マンをされたのでほんとにびっくりしておもわず彼の手を止めてしまいました。

それが彼のS心をゆすったのか、ポイントをがんがん攻められてしまい、私はただただイキまくりでした。こんなに取り乱したのは初めてでした。最後までしましたが、相性は抜群によかったです。

その後も会うたびにあの気持ちのいいキスの嵐に、我慢ができず、自分から彼の手をアソコにもっていってしまうくらい彼の虜になってしまっていました。

毎回気持ちよくてとろけてしまいそうでした。

その関係は1年続きましたが、私に彼氏ができたのと彼が会社を辞めることになったので関係は疎遠になりました。

それでも私は彼のことを忘れられずにいます。

その彼氏よりもやっぱり体の相性は彼のほうがよかったので演技をする日々が続いています。

死ぬまでにせめてあと1回だけでも、彼ともう一度したいです。

男と女の相性

セックスが上手い下手関係なく、カラダの相性というものがあります。相性がどういった部分で決められているのかは、定かではありませんが、決して経験の多さでもありません。

同じように激しい手マンであっても、痛みを感じる場合と気持ちい場合もありますね。多くの女性が経験しているでしょう。

管理人紗江も、手マンはどちらかと言えば苦手でした。でも、本当に相性のいい相手だとどれだけ激しくされても気持ちがいいのです。

愛情あってのことだと信じたくはありますが、彼女は、「なんとなくかっこいい人だな。」というだけでした。紗江も、初めから大好きだったわけではありません。

ということは、やはり本能的なものなのでしょうね。

紗江の手マンでの潮吹きの初めての体験はこちら
潮吹きする場所はどこ?!本当にあれだけ飛ぶの?!

相性についてはこちら
どこでわかる?体の相性

関連キーワード
  • 代替品のオトコ?
    代替品のオトコ?
  • 「それしかすることないの?」どんどん手抜きになるセックス
    「それしかすることないの?」どんどん手抜きになるセックス
  • 酒癖の悪い彼女にドン引き
    酒癖の悪い彼女にドン引き
  • 何でも褒めすぎる男
    何でも褒めすぎる男に興ざめ
  • 初めて知った!身体の合う合わないってこういう事?
    初めて知った!身体の合う合わないってこういう事?
  • 「君はマグロ」だけど嫌いになんてならないから大丈夫
    「君はマグロ」だけど嫌いになんてならないから大丈夫
おすすめの記事
密室ストーリーズVol.5
オナニー用官能小説
ご夫婦のお話し 「おかえりなさい」 「あー、起きてたのか?」 あの激しいカウンセリングのセッション後、気持ちを落ち着かせるため居酒屋で一杯飲...
奪われた遊女の心
オナニー用官能小説
奪われた猶予 燻る劣情 新造出しの頃から十六夜を恋い慕ってきた勝吾。彼女が同じ妓楼の若い衆の悠生と仲睦まじくしている様子を目撃した時、彼の中...
淫らな天使ー看護師物語ーvol.3
オナニー用官能小説
目次 後輩看護師との関係かわいい男の嫉妬迫りくる欲情仮眠室で秘密の騎乗位 後輩看護師との関係 かわいい男の嫉妬 「この間の小泉さん、大丈夫で...
面影を追いかけて
オナニー用官能小説
面影を追いかけて 愛した男の影を求めて 江戸風情漂う温泉地。真は、恋人の千桜と一緒に訪れた。 『就職祝いに温泉に連れて行ってあげる』 そんな...
間違いだらけの女のオナニー
女のオナニー
ラーメンは、お好きですか?甘いものは好きですか? お腹が空いて夜食にラーメンを食べると、とっても美味しくて満足します。 甘いものが好きな方に...
カップ麺オナニーの究極を知る!
体験談のあれこれ
カップ麺オナニーの究極を知る! 私が20代で会社に入社したての頃、当時30代の下ネタ大好きな先輩がこんな事を言い出したんです。 「カップラー...