【神性喜劇】 日本編

著: 紫小町

官能小説著者

歴史物が大好きです。特に『古事記』と『日本書紀』には以前から関心があり、今回これに基づいた小説が書けることを自分でも楽しみにしています。

紫式部の『源氏物語』や小野小町の和歌も、もちろん好きですし、西洋物では、バルザックの『人間喜劇』とかトルストイの『戦争と平和』とか、長編小説が好みです。

これらの小説ではエロシーンが巧みにぼやかされていますが、私の小説ではそういうことをはっきり描こうと思っています。

関連キーワード
  • 【神性喜劇】 日本編
    【神性喜劇 】日本編Vol7ホトばしるセックス
  • 【神性喜劇】 日本編
    【神性喜劇】日本編Vol20桃娘から滴る甘い蜜
  • 【神性喜劇】 日本編
    【神性喜劇】日本編Vol13 香りが誘う愛欲と入江に満ちる潮
  • 【神性喜劇】 日本編
    【神性喜劇】日本編Vol16 駅弁で空中浮遊
  • 【神性喜劇】 日本編
    【神性喜劇 】日本編Vol9もう一度見つめ合って
  • 【神性喜劇】 日本編
    【神性喜劇】日本編Vol21アナルの快感と最後の夫婦の営み
おすすめの記事
洗面台に乳首を擦りつけて一人エッチ
体験談のあれこれ
私の感じる一人エッチ あちこちに快感を求めるのは自然な事 クリを触っていて、乳首も刺激されたい そんな風に思うのはごく自然な反応です。 洗面...
「美味しいよ」にドン引き
体験談のあれこれ
女のあそこの味 女のあそこって美味しいの? 男性が女性のあそこを美味しいって思うのは、本当に味が美味しいから?そんなわけはありません。 女性...
一人エッチで中イキするための方法
女のオナニー
「セックスでは中イキできるのに、一人エッチでは中イキできない」「一人エッチでも中イキの感覚を味わってみたい」と思う女性もいるでしょう。 そう...
シングルマザーの見た夢
オナニー用官能小説
年下の彼との12年ぶりのセックス 爽太は彼のペニスで、仰向けになった百合花の体の芯を、ひたすらに突いてきた。 時にねっとりとGスポットの周辺...