寝ている私を見て彼氏がオナニー

寝ている私を見てオナニーする彼氏に胸キュン

私の彼は忙しい仕事をしていて、休みの日も時々職場に呼ばれたりもするので中々デートができないため、仕事帰りなど少しの時間ができたらよく私の家に会いにきてくれます。

彼が仕事終わりに、私の家に来た時でした。

ご飯も食べてお風呂も入り、お酒を飲みながら話をしていたりイチャイチャ。彼が休みもなく働いていたため、仕事で疲れているからもう寝るわと言い寝てしまいました。

少しさみしい気持ちもありましたが、疲れているのに無理させちゃいけないと思い、うんと言いました。

私も一通りの片付けをして、既に熟睡している彼の隣でぴったりくっつく感じで寝ました。

寝ているとガサガサと音がして何だろうとは思ったのですが多分彼がトイレにでも行ったのかなと思いました。何があっても今日は彼がいるから大丈夫という安心感。彼がいれくれると、なんの心配もない時間を過ごせます。

しばらくするとなんだか身体がスースーと寒い?

そして、隣からハアハアという声。

何気に目を開けると、彼が下半身だけ脱いでちんちんを手でさすっていました。

私の上半身のスースー感は、服をめくりあげられおっぱいが丸出しになったいたから。乳首も硬くなっていました。

私が目を開けたのに気づいていないのか、時々小声で私の名前を呼ぶ彼。ちんちんをしごきながら、私のおっぱいを触っています。

ものすごく気持ち良さそうな顔でハアハア言いながら時々「気持ちいいよ」と言いながら、ちんちんを激しくさすっていました。

どうしようと思いしばらくは何も言えずにいましたが、次第に興奮してきました。乳首をコリコリされると、ビクンと身体が反応してしまいます。そして声も抑えられなくなってきました。

わかってはいるけど「…何してるの?」と声を出すと、驚いた表情でとっさに布団で下半身を隠していました。

「あっごめん起こしちゃった?」
「寝顔見ていたらムラムラしちゃったんだけど、寝ていたから起こしちゃ悪いと思ってさ、けどちんちん勃っちゃったから抜きたくて。」

照れ臭そうに言う彼に、これまでになかったほど胸キュンしてしまった私。

「続き見せて欲しいな」と言うと、照れ臭そうにうんと言いながら再びちんちんを擦り始めました。

硬く勃ったちんちんをハアハア言いながらさすり、「あー気持ちいいよ、もっと見ていてね。」「見られてこんなに硬くなっているよ。」なんて言いながら、本当に気持ち良さそうにちんちんをさすってました。

「あーぁ。いきそうだ。かけていいかな?」「ごめんっ!!もう出るよ!」と私の名前を呼びながら私のオッパイに射精。

そのイキ顔が愛おしいとともに、初めて見る彼の表情でした。セックスの時には自分の快感に夢中なので、彼のイキ顔など見たことありませんでしたから。

気持ち良さそうにはてる彼を見て、心からかわいいって思ってしまいました。

何より私を想いながら、私の名前を呼んでオナニーしてくれるなんて、それほど嬉しいことはありません。

その後はもちろんセックスしましたけど、いつもより激しいセックスになりました。

その後も、時々彼に1人エッチ見せてと言っています。初めは嫌がっていましたが恥ずかしそうにしながらも見せてくれています。

大好きな人のオナニーは、かわいすぎてずっと見ていたい気分になります。

関連キーワード
  • 人前でオナニーしてしまう私って異常?
    人前でオナニーしてしまう私って異常?
  • こんにゃくオナニーは火傷に注意!体験談
    こんにゃくオナニーは火傷に注意!体験談
  • 【恥&笑】男のオナニー体験談総まとめ
    【恥&笑】男のオナニー体験談総まとめ
  • カップ麺オナニーの究極を知る!
    カップ麺オナニーの究極を知る!
  • オナニーを子どもに見られた体験談!『もう死にたいくらいの恥ずかしさ』…どう対処する?
    オナニーを子どもに見られた体験談!『もう死にたいくらいの恥ずかしさ』…どう対処する?
  • 右手の恋人には少し休んでもらって、コンニャクとかいう愛人を・・
    右手の恋人には少し休んでもらって、コンニャクとかいう愛人を・・
おすすめの記事
【恥&笑】男のオナニー体験談総まとめ
体験談のあれこれ
男ならほぼ誰でも行なっているオナニー。 500人アンケートで、オナニーの面白体験談を教えていただきました。オナニーを見つかった時の焦った顔、...
ベランダから見られたオナニー
体験談のあれこれ
ベランダから見られたオナニー 今から数年前の夏、仕事が休みだった私は目覚ましもセットせずにゆっくりと昼過ぎに起きました。 アラフォーになるの...
射精するときってどんな感じ?
男のオナニー
女性にとって、カラダから液体が飛び出すなんて想像もつきません。 勃起することを含め、射精なんて全く未知の世界でしょう。しかしその逆に、男は男...
オナホールドロドロ事件
体験談のあれこれ
オナホールドロドロ事件 その日、私は鍋に水を入れて火をつけました。 その鍋はもう使わなくなって捨てても良いようなボロボロの鍋です。 料理を作...
淫らな天使ー看護師物語ーvol.1
オナニー用官能小説
目次 入院患者の甘く苦い汁抱かれたい体従順な看護師疼く体緊迫の時間 入院患者の甘く苦い汁 抱かれたい体 さっとストレッチャーを走らせベッドに...