【シャワーで一人エッチ】それでもイケない方がイク方法

一人エッチの仕方もさまざまです。女性がイキやすい一人エッチのやり方の中で、シャワーを使った一人エッチがあります。

シャワーの水圧は、クリトリスにダイレクトに刺激を与えてくれます。

なぜ、シャワーが気持ち良いと気づいたのかも忘れてしまっているかも知れませんね。

お風呂の中で普通にシャワーをしている時シャワーが股間に当たり、何気にシャワーを使った一人エッチをするようになってしまったという方がほとんどでしょう。

そんなシャワーの一人エッチは、大変イキやすく危険な一人エッチですが、それでもイケない方もいます。

シャワーの一人エッチでイケない?

シャワーオナニー

シャワーを使った一人エッチが、なぜ危険かと言いますと、慣れてしまうと通常のオナニーやセックスでイケなくなってしまうからです。

しかし、いまいちシャワーの一人エッチで良さを感じられない方、イキそうなのにイケない方も多くいらっしゃいます。

「実際にシャワーで一人エッチを試してみたけれど、シャワーの当て方がよくわからない」「シャワーが当たっているのに気持ち良さが伝わってこない」イキやすいと言われている一人エッチのやり方でも、決して誰もが気持ちよくなれるわけではありません。

  • 熱いお風呂が心地いい。ヌルいお湯の方が気持ちいい。
  • 性感帯はクリトリスではなく、膣の中の方が気持ちいい。
  • 乳首は優しく舐められる方がいい。キツく吸われる方がいい。

人によって、個人差があるのは当然ですね。

そして感じ方の違いだけでなく、シャワーヘッドの種類が原因の可能性もあります。

シャワーで感じる一人エッチのやり方

シャワーを使った一人エッチで感じたり、イクためにが、色々な部分にシャワーを当ててみて、自分が一番気持ち良いと感じる当て方で試してみないことには感じる場所がわかりません。

そして、気持ち良いところを見つけたら、水圧の強弱を調整したりシャワーヘッドを小刻みに動かすなどしながら刺激してみましょう。シャワーの温度は、普段シャワーを浴びているよりもぬるめの温度が良いでしょう。

ただしひと言でシャワーといっても、各家庭や場所によってシャワーヘッドの吐水部分や水圧に違いがあるため、シャワーを当てたときの感覚がすべて同じだとは限りません。

マンションの高層階だと、水圧が弱いという場合もあります。低水圧のシャワーヘッドを使用しているかも知れませんし、また逆に、増圧シャワーでキツすぎるという場合も。

また水圧がキツくても、肌に当たるだけで刺すような痛みを感じるヘッドもありますし、柔らかな肌触りの場合もあります。

感じ方の違いや水圧の出方によっても違うので、同じ水圧でも痛い・足りないとさまざまでしょう。

シャワーの水圧が弱いと感じたら

シャワーの水圧が弱いと感じ、あまり気持ちよく感じられない方は、シャワーを全体にクリに当てるのではなく、ピンポイントに当ててみましょう。

細かく出てくるシャワータイプにし、全体ではなくその1本でクリトリスをピンポイントで刺激するのです。

水道の蛇口のように出てくるストレートタイプした方が、水圧がキツいと思いがちですが、クリトリスの箇所全体に当たるため局部だけを刺激することができません。

一人エッチの時に使用している方も多い『すりこぎ』で腕をつつくのと、細いつまようじで腕をつつくのとどちらが敏感に感じるでしょうか。細いつまようじですね。

細い水圧で刺激した方が、より強い刺激になります。

そして、シャワーヘッドを動かすのではなく、じっとクリトリスの同じ箇所に当て続けるのです。もちろん意識はクリトリスの一点に集中します。

水圧が弱くて刺激が足りない方は、試してみて下さい。

シャワーの水圧が強いと感じたら

シャワーの水圧が強すぎる場合は、水の量を下げるかストレートタイプで当ててみましょう。

またシャワータイプにしている場合、くるくるとヘッドを動かし、クリトリスをピンポイントに当たらないようにします。

全体にまんべんなく当てることで、強すぎる刺激を和らげることができます。

しかし、水の量を少なくすると、いきなり熱湯になる場合がありますね。 火傷してしまうと大変です。

その場合は、湯船に浸かりながらお湯の中でシャワーをあそこにあてがいます。お湯の中では少しシャワーのあたりが柔らかくなるので、痛みがましになり気持ち良さを感じられるかも知れません。

その場合もひたすらクリトリスに集中し、快感を高めるような気持ちで行なって下さい。

シャワーで膣内の一人エッチ

人によってシャワーの水圧が当たると気持ちいいのは、クリトリスよりも膣の方がいいという人もいるでしょう。

膣の入り口にシャワーを当てたとしても、クリトリスにも当然当たるので、それくらいの刺激の方がイキやすいという方もいらっしゃいます。

また、膣の中にお湯を入れるように押し付けた一人エッチが気持ちいいという方も。

かなり昔のことですが、管理人紗江がまだ若い頃、ホテルファインで膣の中用のシャッワーヘッドが備え付けられていました。

当時若かったのでいやだと言えず、ヘッドにそれをつけ膣内に入れられましたが、中でお湯が暴れている感覚で感じたことを覚えています。

今考えるとどうして、誰が使っているかわからないようなものを入れさせたのか、拒否できなかった若かりし懐かしい思い出でもあります。

その当時以来、ファインへは一度も行っていないので現在それがあるのかはわかりませんが、もしあってもおそらく雑菌だらけなので使用しないようにしましょう。衛生的に絶対よくありません。

ホテルのお風呂にローションが備え付けられているところもありますが、そのローションも雑菌が繁殖しているので使用してはいけません。もちろん電マも、電マカバーをつけるかタオルを越しに使いましょう。

外観が綺麗でも、ラブホではどこを触っても不潔だと言えますね。高級ホテルでも同じです。色々想像するとホテルへは行けないねと、彼とよく話します。

ダメ!そして家のシャワーであっても、膣内にお湯を入れ洗うような状態にすると、膣内の常在菌が洗い流されてしまい、膣炎や性病にかかりやすくなってしまいます。

ビデで洗うのもほどほどにしないと、逆に膣内が危険に晒されてしまうのです。

シャワーで一人エッチを行うのは、クリトリスか膣の入口だけにとどめましょう。

シャワーの一人エッチでイクためには

水圧を調節しても何も変わらなかったり、膣内にシャワーのお湯を入れた一人エッチの方が気持ちいい場合は、クリトリスとGスポットをダブルで刺激してみましょう。

シャワーを当てながら、空いているほうの指を使いGスポットを刺激することでオーガズムを感じやすくなるかも知れません。

しかし、膣内に指を入れるとクリトリスにシャワーを当てることができなくなります。その時に便利なのが『ディルド』です。

ディルドは、ペニスの形をしているリアルなものから、見た目的に卑猥でないものまでさまざまな種類があります。当サイトでおすすめしているのは、販売元のアダルトグッズNLSの『みちのくディルド』です。

1,000円以下で買えるため、気軽に購入することができます。

ディルドは、一人エッチでも男性のペニスが入っている感覚が味わえる大人のおもちゃです。

シャワーでの一人エッチで、クリを刺激しながらのディルドの動かし方は、こちらを参考に
オナニーで感じる女性器の性感帯

シャワーの一人エッチでディルドを使用する時は、膣内を傷つけないように必ず潤滑剤を使いましょう。

ただ、せっかく潤滑剤をつけても、シャワーで流れてしまうため、通常より痛みを感じやすいかもしれません。もし、痛みを感じたら、潤滑剤を多めにつけて、もう一度ゆっくり挿入してみてください。

ただ、それでも痛みを感じる場合には、無理せずディルドの使用はやめてください。

シャワーの一人エッチでイケなかった人は?

何をしてもシャワーの一人エッチでイケない方は、無理してイこうとしないようにしましょう。

シャワーの一人エッチは、お湯で体内の血流が良くなりオーガズムを得られやすい状態ではあります。しかし、本来シャワーの水圧の刺激は、セックスでは絶対に与えられない刺激です。どちらかと言えば、気持ちよくてもイケない方が良いのです。

いくらシャワーの一人エッチが気持ちいいからと言って、ハマり過ぎてしまうと、せっかくのパートナーとのセックスでイケなくなってしまうかも知れません。

まずはセックスでオーガズムに達することを優先し、シャワーオナニーの回数は控えめにしておいたほうが無難かもしれません。

ちなみにシャワーの一人エッチは、家族にバレないと思っている方が多くいますが、実はバレる可能性が高くあります。

シャワーで一人エッチをしている時、明らかに普通にシャワーしている時と違うシャワーの音がします。

髪や体を流している時は、あちこちに当たりボトボトとお湯が落ちる音がしますが、クリや膣に当てているとその音がしません。

お風呂の位置や家族構成、家族がどれだけ性に関して詳しいかによりますが、お風呂の音が聞こえる範囲にいる家族は、じっとシャワーを出しっぱなしにしている状態に気づくかも知れません。

ですからバレていないと思って一人エッチをしていても、気づかれる可能性もあるので注意しましょう。