シングルマザーのオナニー鑑賞

シングルマザーのオナニー鑑賞

今から10年ほど前、20代後半のシングルマザーと付き合っていました。

お互い仕事が不定休だったので、デートは休みを合わせて平日に行ない、軽い昼食を済ませてからホテルに入り、彼女が子供を保育園にお迎えに行く時間まで過ごすのが、いつものパターンでした。

その日もホテルで行為の後、いつものように腕枕をしてやりながらピロートークしたり、お互いの身体を愛撫し合ったりしていたのですが、私に少し悪戯ごころが湧いてきて、彼女の手を取り、彼女自身の陰部に導いてそっと触らせてみました。

以前の会話で、彼女はどうやら自慰自体が恥ずかしい事だと思い、罪悪感のようなものも持っているようだと感じた事がありました。そんな彼女に自分の指で陰部をまさぐらせてやると、少なくとも表向きは眼を固く閉じ、首を振りながら嫌がりました。

しかしすぐに、顎を引き気味に深いため息をつき、「ああ、自分の手で!」と言ったまま、押し殺したようなうめき声をあげ始めました。

私の手の下の彼女の指が、彼女自身の意志で動きはじめたように思われたので、私は手を離してみました。すると確かに、彼女は自分の陰部を触り続けていたのです。

時々、感じるポイントを探り当てたのか、全身を瞬間的に震わせ、しばらくそこを指でなぞるように撫で、また別の部分に指を進めていきました。

もう、私が彼女の脚の方からその姿を見ている事も全く意に介さないか、ひょっとしたら気付いてもいないように、だんだんと指の動きは激しくなりました。

彼女は背中を弓なりに反らせ、太腿を上げたり、宙に浮いた脚を曲げ伸ばししながら、うめき声とともに断続的に深い息を吐いていました。

彼女の充血した粘膜の襞は、彼女の指の動きにつられてなのか、それとも性器の括約筋の収縮によるものなのか、意思を持ったかのようにうごめき、その度に粘液が淫毛を濡らし、シーツに滴っていました。

そしてついに、上に反っていた彼女の胸が力を無くしたように沈んだかと思うと、再びうねるように盛り上がり、両脚を高く宙に上げ、さらには全身を震わせながら「ヒイッ!」という声にならない声を上げて、彼女は快感の絶頂に達しました。

見ていた私も、彼女が自らの意思で快感を追い求める姿に、不思議な感動を覚えました。

ぐったりした彼女の呼吸が落ち着いた頃に、「いつもこんなふうにしているの?」と訊いたところ、自慰は初めての経験だったという事でした。

それ以来彼女は、自宅でも時々、子供が寝たあとで自慰をするようになったと、後になってから聞きました。

いつの間にか疎遠になり別れてしまったけど、特に印象に残っている彼女との思い出のひとつです。

おすすめの記事
淫らな天使ー看護師物語ーvol.5
オナニー用官能小説
目次 淫らな天使が求める悦楽自らの白い指で慰める天使癒しのボランティア愛とセックスの交差 淫らな天使が求める悦楽 自らの白い指で慰める天使 ...
マグロM男とつまらないセックス
体験談のあれこれ
マグロM男とつまらないセックス SEXになると「受け身な男」だったので、拍子抜け。まずこの男と出会った経緯について話します。 いわゆるSNS...
一線越えた先
オナニー用官能小説
一線越えた先 抑え切れない欲情 セックスは相手を傷付ける行為。 大学に入り、付き合った同級生の女の子とセックスして、そんな純愛染みた事を悟っ...
ベランダにさらけ出された夫婦の色情
オナニー用官能小説
ベランダにさらけ出された夫婦の色情 ベランダの塀に隠された卑猥な下半身 祐介は美穂をベランダに連れ出し、セックスの続きを始めた。 まだ青白い...
【南極1号】伝説って何!?
性のエンタメあれこれ
【南極1号】と聞いて、何を思い浮かべますか? 全国的に栽培、販売されている【南極1号】というキュウリがあります。 【南極1号】というキュウリ...
オナニーもセックスの一部かも
オナニー用官能小説
オナニーもセックスの一部かも オナニーで近づく心と躰 友美はいつものように亮介の目の前に秘裂を露わにした。そして、自らの分泌する液に濡れた溪...