不倫相手のセフレとビデオ通話で相互オナニー

ビデオ通話で相互オナニー

不倫相手のセフレとビデオ通話で相互オナニー

30代の頃に出会った不倫相手のセフレ。

彼女は、ひと回り以上年下のフリーター。いつもはホテルでお互いの性癖を満たすようなセックスをしていました。

妻とはできない刺激的なセックス。お互いを貪り合い、干渉しない都合の良い関係。

そんな関係がしばらく続いた頃、2週間程会えない時期がありました。LINEで「寂しい」とか「エッチがしたい」などと言う彼女。私はしばらくセックスをしていなかった事もあり、異様に興奮して勃起してしまいました。

そのことを彼女に伝えると、勃起したところを見たいと言われました。彼女の希望通り勃起したチンポの写真をラインで送り「ひとりエッチするんじゃない?」とメッセージ。

「そんなことしない」と彼女は答えました。しばらく、ひとりエッチをしてる・してないの話になりましたが、彼女はついに普段から自慰行為をしていることを白状。

そしてオマンコの写真を送るように指示したところ、迷わずパンツを脱いで触っている写真を送ってきたのです。

私たちはお互いに興奮してしまい、その流れでビデオ通話を使ってお互いの自慰行為を見せ合うことになりました。

「気持ちいいところを触ってごらん。」

「さっきのチンポが入ることを想像して。」

そして、オマンコをかき回すように指示しました。

スマホの向こうの彼女は、指示通りにオマンコを激しくかき回し、ヌチュヌチュという激しい愛液の音。スマホの小さな画面からも、濡れて光っている様子がわかりました。

私はそのオマンコを見ながら、チンポを激しくこすり続けました。

私は何も指示していないのに、彼女は自分の片手をチンポに見立てじゅるじゅると激しく指をしゃぶりはじめ、私も同じように指をクリに見立てチュウチュウと音を立てて吸い上げました。

お互いにオナニーを見せ合いながら、興奮度はマックスに。

思いっきり射精するとほぼ同時に、彼女もビクッと腰を浮かせるように果てたのです。

今までで一番気持ちいいオナニーかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です