新品とお古?私は道具?

私は道具ですか?

「君にとって僕が初めての相手で本当に良かったよ」

当時私は大学4年生、確か10月だったと思います。

バイト先の後輩で1つ下の彼と付き合って約1年がたって、お互いにあまり気を遣わずデートができるようになった頃でした。

お馴染みのラブホテルに行き、2人でお風呂に入っていると彼から「君にとって僕が初めての相手で本当に良かったよ」と言われました。

突然のことでびっくりし、どういう意味か聞き返すと「別の人に体を許した女の人は信用できない」とのこと。

「女性たるもの、初めては、結婚する!と決めた相手にしか許してはならない、一度決めた相手と簡単に別れるような女は信用できないし、そもそも僕は初めてなのに相手が経験済みなのは納得がいかないし、結婚するならやっぱり人のお古ではなく新品がいい」

唖然としました。

「お古」などとまるで物のような表現をされ、とても腹がたち、同時に悲しくなったのを今でも覚えています。

考え方はもちろん、それを恋人に言える神経も理解できませんでした。

同意を求められ、あいまいな返事を返すわたしに違和感を感じなかったのでしょうか、

彼は満足そうに「僕の彼女は清楚で貞操観念もしっかりしている、自慢の彼女だ」といいながらお風呂を出ていきました。

その発言が直接の原因ではありませんが、こうした価値観の違いが重なり、結局彼とは別れてしまいました。

今考えてみると、彼のそうした考え方はインターネットや家庭環境によるものだったのかなと思います。

当時、彼はよく2ちゃんねるなんかの掲示板を良く見ていましたし、地主の長男でしたから。

今、彼が誰とどこにいるかはわかりません。彼の理想とする「新品」と出会えているといいな、と思います。

セックスすると古くなるの?

人はどんなものでも、新品が好きです。

目新しいものに惹かれますし、新しい物を使うときにはウキウキしますね。

しかし、こういった言葉を発言する男性がいるとは・・・かなり驚きました。

彼女は若かりし日の思い出となり「彼の理想とする「新品」と出会えているといいな」と語っていますが、当時は大変疑問に感じたでしょう。

ましてや、仮に処女ではなかったとすれば・・・?

そう考えると、大変怖い発言ですね。

おすすめの記事
初めて解ったことvol.2
オナニー用官能小説
vol.1 / vol.2 / vol.3 / 初めて解ったこと 無自覚の欲情 秋とはあの日以来、連絡が取れなくなった。 "相手なんてまた見...
オナホールドロドロ事件
体験談のあれこれ
オナホールドロドロ事件 その日、私は鍋に水を入れて火をつけました。 その鍋はもう使わなくなって捨てても良いようなボロボロの鍋です。 料理を作...
寝てたと思ったのに…
体験談のあれこれ
寝てたと思ったのに… 現在、2児のママです。 1人目を産んだばかりの頃、まだ夫婦生活も再開していなくて、構って欲しいけれど、恥ずかしくて言え...